スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
新しい包丁
PC301653.jpg
僕はあまり物にこだわるのが好きではないので、料理に使う道具も一般的なものばかり使っていましたが、歳のせいか最近は少し道具に頼るようになりました。
やはり質の高い良い道具は仕事の量と質に対してかなり効率が良くなります。
若いころは自分の能力と結果は別のものと考えていたので、能力を向上させたいときはできるだけ良いものは使わないようにしてきました。
道具に頼りすぎて、結果を道具のせいにしてしまうからです。
しかし、最近はもはや作業能力の向上は望めなくなってきたので、質を上げ、時間を短縮するために少し良い道具を使わせていただくように変わってきました。
これは年末に買った菜切包丁。
切れ味が一番いいといわれる鋼、青紙スーパーをステンレスの間に割り込んだ物です。
来年の千切り大根のサラダはこれでさらに細く切ることができそうです。IMGP1297.jpg

スポンサーサイト
|09:39:03|未分類 | comment(0) | trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。