スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
本日解禁
2012-11-14 23.15.35
2012年収穫のボジョレ・ヌーヴォーが本日世界同時に解禁になりました。
昨夜仕事が終わったあとに、皆で試飲したアルベール・ビショーのボジョレ・ヌーヴォー・ヴィエーニュ・ヴィーニュ。
色合いは想像した通りにやはりかなり薄く、ロゼワインに近いピンクでした。
雨が多い夏の場合はどうしても水分を吸収しすぎるので実が大きくなりがちで、日照が足りないと果肉も薄くタンニンも少なくなります。
このようなヴィンテージは、熟成も早く酸味を生かした早飲みが適しているのが普通ですので、ある意味ヌーヴォーにはそれほど問題はないのかもしれません。

しかし、去年が異常に高温で雨が少なかったので、収穫も早く甘みのある凝縮した果実味のしっかりとした味わいになり、今年とは対極に当たるヴィンテージでした。
熟成を楽しむワインにとって2011年は記憶に残すべきヴィンテージですが、ほとんどが早飲みを楽しむガメイ種で造るボジョレに関しては、この味わいの違いを楽しむことこそが本質なのかもしれません。

薄く儚い夢のような今年のボジョレ・ヌーヴォー。
2012年の思い出の一つとして、味わっててみてください。
|09:51:54|ワイン | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1106-6d37ab64
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。