氷取沢神社
2013-01-02 11.05.59
正月休みに訪れた氷取沢神社。
以前は山の頂上近くにあったものが移設されたようです。
2013-01-02 11.06.19
日本の神社は、地上を創られた皇祖「天照大御神」をお祀りする伊勢神宮を別格の存在として、このほかを氏神神社と崇敬神社の二つに大きく分けています。

氏神神社とは、自らが居住する地域の氏神様をお祀りする神社です。
元来は、その地域の文字通り氏姓を同じくする氏族の間で、自らの祖神や、氏族に縁の深い神様を氏神と称して祀ったことに由来し、この血縁的集団を氏子と呼んでいました。
現在のように地縁的な関係が気薄になってきてからは、その地域の祭りや信仰を伝承する目的が主になっているようです。

これに対して崇敬神社とは、こうした地縁や血縁的な関係以外で、個人の特別な信仰等により崇敬される新興宗教や神社をいい、神社の維持や教化活動のため布教を行っています。

神道のすごいところは多神教で、神社以外の自然の中にも八百万の神がいると考えていますが、さらに外来の神様も取り込んでしまうところです。


|10:01:42|山歩き&金沢のパワースポット | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1148-7ea283e5
trackback