スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
梅たたき
IMGP1530.jpg
まだ7月の前半だというのに、連日、猛暑日が続いていますが、食欲の落ちるこの時期におすすめなのが「梅たたき」450円。
天日干しの自然塩、海の精で付け込んだ梅干は伝統的な製法で作られているため、塩分は高めの18%ですが、ミネラルが豊富なため角が立つようなしょっぱさはなく、昔ながらの梅干という酸味と塩気、旨味がバランス取れた本物の梅干です。

その海の精の梅干と刻んだ長葱、鰹節、大葉を包丁でたたいたものが梅たたき。
そのまま、または、胡瓜のスライスに乗せて。
IMGP1529.jpg
連続の猛暑で、汗をかくために水分を取り過ぎ、さらに汗をかき、どんどん体のミネラルは失われていきます。
実は夏バテの最大の原因は水分ではなく塩分の不足です。
過去の日本政府の政策により、塩田が廃止され、塩は全て国が作る電気分解による人工的な塩化ナトリウムになりました。
近年やっと、塩作りの規制が緩和され、天然成分の塩が出回り始めましたが、最近でも主流の塩は電気分解により作られた人工物です。

高血圧の原因が塩分の摂り過ぎと言われていますが、それは人工的な塩化ナトリウムが体で分解できないため起きている現象です。
動物には生きていくために天然のミネラルは欠かせません。
食べ物が美味しく感じる最大の理由は、ミネラルを体が欲しているからです。

ミネラルが足りないと、活力がなくなり、生きる意欲も減退し、左脳中心の浅い思考になります。
今の若い人たちに多くいるように感じるのは、おそらく医者が常識として塩分を取らなくさせているために起きているのだと、僕は思います。

本当は、カロリーよりも天然の塩の摂取のほうがはるかに大切です。
登山に必ず自然塩を携帯するのは、水と塩があれば人間は1ヶ月は生き延びられるからです。
|10:07:05|和菜 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/116-42674b6a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。