スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
再び大雪
2013-02-04 13.24.21
早いもので昨日は立春。
能見堂跡の梅も花を咲かせ始めていました。
やはり寒さのせいか、例年よりはかなり遅く、開花は去年と同じくらいな気がします。
2013-02-04 13.27.39
昨日は気温はやや高めでしたが、上空に寒気が入っているせいか空は不安定で、今にも雪か雨が降り出しそうな嫌な風が吹いていました。
今日の夜から明日にかけて、西から南岸低気圧が近づいてくるため、成人の日と同じような気象状況になる可能性が非常に高く、もしかしたらあの時と同じような大雪になるかもしれません。


昨日は山を歩いたあと、ブログに書いた友人の実家に線香をあげに行ってきました。
一人でいた母親と4時間近く話をして、聞いた最後の状況をもう少し詳しく説明します。

一人だった吾郎は年末から実家に来て、何十年ぶりかで母親とゆっくりと正月を過ごしたそうです。
吾郎の好きな柔らかく煮たお雑煮をたくさん食べ、果物が好きではない吾郎が珍しくミカンを食べ、美味しいと言っていたそうです。
本当は12月でアパートを引き払い、実家に戻る予定だったのですが仕事の都合で、1月後半からに変更し、正月明けから仙台の方へ仕事に行きました。3連休で再び実家に泊まり、12日の朝が早いので11日から自宅に戻り、再び仙台に向かったそうです。
予定では16日に実家に戻る予定でしたが、自分のトラックが故障してしまい、体調も悪かったので友達の車で自宅まで送ってもらったそうです。

その後母親が何度連絡しても電話に出ないので、24日に心配して吾郎の姉が見に行くとトラックは2台とも置いたまま部屋の鍵がしまったままだったので、部屋の中を見て欲しいと大家さんに置き手紙をして戻ったそうです。
次の日に大家さんからすぐに来て欲しいと電話があり、行ってみると吾郎はトイレと布団とのあいだで倒れていたのだそうです。

母親に知らせたのは次の日の朝で、薬を全く飲まないはずの吾郎の部屋には葛根湯と食べかけのお弁当、そしてみかんがあったそうです。

仙台の寒さの中での仕事で風邪をこじらせ、16日に戻ったあとさらに悪化して肺炎になり、自分で薬やみかんを買いに出て、ほとんど食事も取らずに寝ていたようでしたが、18日にトイレに立った時心筋梗塞を起こし倒れたようです。

もしという言葉はないのかもしれませんが、1月から実家に戻っていれば。そして、吾郎のトラックが壊れなければ実家で療養でき、こんなことにはならなかったかもしれません。
既に引越すつもりで実家に送ってあった吾郎の荷物を見て、本当に無念に思いました。
|10:17:07|天候、地球環境 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1169-449102e1
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。