京鴨つくねと下仁田ネギのスープ
PC262431.jpg
そろそろ今年も終わりになる下仁田葱。
年末の出回り始める季節まで、しばらくこの芳醇な旨みともお別れです。
一般的な長葱とは風味も旨みも全く違う下仁田葱は、作るのもとても大変なので生産量は減る一方だと聞いています。
収益性ばかり求める市場原理主義の現代社会では、仕方がないことなのかもしれません。

同じように効率良くデフレ脱却をうたっているアベノミクス。
昨日の衆議院予算委員会の前原さんの最終的には日本のデフレの原因は人口減からくる供給過多ではないのかという質問に対し、安倍総理はデフレは金融論で解決できると言い切って、前原さんがびっくりしていましたが、時間切れでなんとか助けられたようです。
デフレの本当の問題は構造的なものであり、金融面に根差したものではないことを阿部さんは全く把握していなません。日銀の白川方明総裁も以前記者会見で訴えようとしていたのはまさにこのメッセージなのに、なぜ安倍さんの言いなりに成り下がったの全く不思議なことです。

今、円安になり株価が上がっているのは、投資家が先行してお金を動かしているだけで、実体経済は何一つ良くなっていません。
ただ、安倍さんが2%の物価上昇率目標を日銀にのませただけの話です。

自民党の政策は現在の世界ではほとんど使い道がない固定観念に包まれた宗教のようです。それも1964年以前なら効果があった宗教。

デフレの本質を理解してないアベノミクスの正体がバレるのも時間の問題でしょう。
|10:09:43|京鴨 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1170-636b97c8
trackback