スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
蚕豆と菜の花の白和え
s_P3072505.png
今月のランチにも出している蚕豆と菜の花の白合え。夜の単品だと500円です。
今年は2月後半まで続いた異常な低温のでせいで、未だに蚕豆など春野菜の生産が遅れているのか、価格がなかなか下がりません。
ここ何日かは20度を超える日もあり、3月に入ってからの気温の上昇で徐々に出荷が増えているようなので、来週あたりから正常に戻るのかもしれません。
そして、この暖かさにより、ここ数日で一気に春の野草たちも芽を伸ばし始めたので、来週の初めには予想よりもかなり早く桜の開花宣言もあるような気がします。

まだ走りの柔らかな蚕豆を天日干しの自然塩で茹でて、少し春らしい苦味のある菜の花と白和えにしました。
白和えの衣は大豆の風味がとても強い宮城屋さんの豆腐を裏漉しして、煎りたての白胡麻を摺り、練った西京味噌、海の精の自然塩で作ります。

春の強い風味が口の中に広がる一品です。
|10:01:28|季節のメニュー | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1195-97b38e2f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。