スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
暴風警報
2013-03-18 13.44.30
このブログでも書いたのですが、昨日は夕方過ぎから非常に強い雨足になり、風も徐々に強まってきたので、夜の営業はキャンセルもあり、ご予約以外の方はほとんどみえませんでした。

土曜日は週のうち最も忙しい日なので、こういう時の仕込みの計算は非常に難しく、朝の段階では夕方早い時間帯に一度は満席になる予定で仕込みを始めましたが、予想よりもだいぶ早く3時頃のニュースで暴風警報がだされてしまったので、そこから仕込みを控えましたが明らかに作りすぎてしまいました。
2013-03-18 13.54.06
最近は気象庁も出来るだけ早めに、そして最大の被害を想定して予報を出す傾向になってきているのと、電車などの公共交通機関も自分の責任を果たすということよりも、いかに事故を少なくするかの判断が強くなり、早めに運行を止めることが多くなりました。
そのせいで、電車を乗り継いでくるお客様が多い当店では、予報によって大きく営業が左右されることになりました。

昨日の場合は、関東地方においては深夜から明け方が最もひどい状況になるのははっきりとわかっていたので、店の営業にはそれほど問題ないと考えたのが失敗だったようです。
今後は仕入れも含め、最大の想定で計画したほうが良いのかもしれません。

ただ、このように世の中全体が被害の最大想定ばかりに振り回されるようになると、税金を使った防災のための設備や補強に予算がかかり、交通の運行にも支障が出ることが多くなり、消費に悪影響が出るのは間違いありません。
日本の高度成長期には全くなかった不安が、現在のデフレの原因になっている可能性も多々あるようです。

アベノミクスでいくら金融緩和をして7割以上の国債購入して大量のお札をばら撒いたとしても、それがインフレに結びつかない理由は、多くの人が年金や地震、失業、新型インフルエンザ、そして北朝鮮などとの戦争から来る不安が原因であると僕は思います。

ダウ平均の記録を塗り替えているアメリカ経済も、ここに来て完全に下ぶれ要因のほうが強くなり、近いうちにNYダウも一気に2割近く暴落するのは間違いないでしょう。
今朝の暴風の吹き荒れた天候のように、次のキプロスのような問題が発生し世界経済もこの後夏から秋にかけて、かなり激しい嵐になると僕は思います。
|10:08:50|天候、地球環境 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1218-675e84e2
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。