つくばい
P4182538.jpg
店の入口脇に最近置いたつくばい。
1月に閉店した文庫のもう一つのまいど5号店にあったものを頂いたものです。

つくばい(蹲)とは日本庭園で茶室に入る前に手を清めるために置かれた背の低い手水鉢のことで、趣を出すために水を流したり、水琴窟に利用したりすることもあるそうです。
手水で手を洗うとき「つくばう(しゃがむ)」ことからその名がついたようです。

茶道の作法の習わしで、客人が這いつくばるように身を低くして手を清めることで、茶事を行うための茶室という特別な空間に対する結界として意味付けられているのかもしれません。

もうすぐゴールデンウイークだというのに、真冬のような冷たい雨が昨日から降っています。
北のほうや高い山では10センチ以上の積雪になっているようで、3月の暑さとは打って変わって寒い4月になりました。
南の海水温の上昇と共に、温度差のある寒気とのぶつかり合いで不安定な天気になることが多くなり、何度も書いていますが、今後も異常気象が非常に多発することになりそうです。
|10:07:50|店内&店まわり | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1228-cc27c728
trackback