携帯電話基地局アンテナ
2013-05-13 15.11.01
山の中を歩いていると、たまに突然現れる携帯電話の基地局アンテナ。
街の中のビルの屋上などによく見かけるケータイやスマホなどの通信状況をよくするためのアンテナです。
特に近年、タブレットの普及やSNSに参加する人が増えたことで、通信速度が求められ、情報量が増加してる傾向から基地局の数が増加しているようで、全国に現在は60万以上もあるそうです。

最近は電磁波過敏症や不眠症等の健康被害が問題になることもあるようで、実際に兵庫県川西市で多数の近隣住民健康被害が発生し、基地局が撤去られた事例もあるようです。
2013-05-13 15.10.05
このように大きなアンテナには、機器を冷却する必要があるのか山の中には不釣り合いの巨大なエアコンの室外機があって、熱風を出し続けていることが少し気になります。

僕は今までケータイもスマホも、持ったことは一度もありません。
子供の頃から、あまり人とのコミュニケーションが上手ではなく、逆に自然の中の木々や、静かな音楽、小説の中の深い物語などに意識を繋げることのほうが好きでした。
他者とのコミュニケーションの中に喜びを感じることももちろんありますが、それ以上に自分の心を穏やかにして、自然と同調した時に受け取るメッセージや、その時の気持ちよさを一番大切にしたかったのかもしれません。

このようなアンテナを見るたびに、一部のメディアや企業、ミュージシャンなどが環境問題を声高に叫びながら、自分たちは環境に悪影響を与える大規模なイベントを企画し、エンターテイメントで盛り上がり、情報化社会を利用しながら収益を上げてることに、僕は少し違和感を覚えます。
|10:01:03|山歩き&金沢のパワースポット | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1248-d85e26d9
trackback