スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
妖怪アベノミクス
IMG_1887.jpg
中国の裏銀行のデフォルトが噂になってから、上海市場は大幅に下がり始め、FRBのバーナンキの金融緩和引き締めがリアルになってから、世界中の株価に異変が起き始めました。
日本もこれ以上株価が下がり、円高になると、支持率の高い安倍内閣も突然不支持が一気に広がり、政権崩壊も近いのかもしれません。

最大の問題なのは、昨年末からアベノミクスにより日本も参加した米欧日の一段の金融緩和により、金融相場が崩れ、逆の現象である金利高にはっきりと向かい始め、世界中が制御の効かない状況に入ってしまったことです。
これには安倍総理と日銀の黒田総裁に最大の責任があります。

日本の株式市場は、乱高下をくりかえし、上昇傾向は全く見えてきません。
いま、日本の株価を左右するのは、外国人投資家たちですが、彼らは、まだ売れ残しを多く持っており、上ったら売ろうと待ちかまえています。
さらに最悪なのは、安倍内閣が上昇しないと参院選に影響が出るので、とうとう公的年金で株式を買い始め、いまや一番安全とされた日本国債が危険視され始め、金利が上昇しているのです。

いよいよ来るべき日が近づいていることを感じてる人には、安倍総理の人気取りによるお金のバラマキにより、日本も財政面で正念場に入ってきたことがわかるはずです。
このまま推移すれば、早ければ参院選前後に株の大暴落と円高、金利上昇が起き、来年秋に予定されている消費税率の引き上げは不可能になると思います。
さらに物価上昇により、国民はデフレを望んでいるのに一方的にインフレ政策をとって金融緩和を続けている日銀や安倍政権は批判の渦に巻き込まれそうです。
米国や中国、欧州も事情は似たような状態で、世界同時に想像を超える大不況が待っていると僕は思います。

いっときの光や夢を見させ、最終的に国民を大きく騙しすことが確実にってきた、妖怪のようなアベノミクス。
その実態は、単に浦島太郎のように古い日本に坂戻りしようとしているだけです。60年前の自民党に先祖返りしたかのような公共事業至上主義に、円高頼みの経済対策。
デフレを望んでいる国民に、インフレこそ全てだと思い込ませ、そしてこの10年間、何度やっても効果がなかった金融緩和に固執し、「人からコンクリートへ」「福祉から防衛へ」「地方から中央へ」に逆戻り。
株価だけを沸騰させる官製バブル政策というのが本質であり、単なるマスコミを利用した世論操作に過ぎなかったのでしょう。

アベノミクスの最終的な帰結は財政破綻確率の上昇で、長期金利が急騰することで限界に達する。
株価下落は、いよいよその始まりをを示したものです。
|10:01:21|政治、経済 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1278-4632a928
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。