スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
右脳の実力
IMG_1889.jpg
人間の実力とは、本来、その人の右脳の能力と言っていいと僕は思っています。
コンピューターや機械では到底及ばないその能力は、通常、多くの人は潜在的に右脳の奥深くに隠されているようですが、誰もが必ず持ち合わせている能力です。

日常的な作業を処理するのに長けた、数多くの情報をハイスピードで処理する左脳に対し、ゆっくりとした反応しかできない右脳は、全てにスピードが求められる現代においては、不必要な存在として、表には出ないように上手く隠されているのが実情のようです。
ただ、年少時に良く見かける世間的に天然と呼ばれる性格のタイプの人は、右脳でものを処理することが多く、俊敏に物事に反応するというよりは、自分独自の世界と価値感を持って判断や思考をしているので、右脳的能力を上手く利用しているよですが、大人になるに従いほとんどの人がその力を失うのかも知れません。

左脳は非常に優れた反応スピードだけでなく、新しことが大好きなので時代の変化に敏感です。
それは記憶の方法が右脳と違い、記憶を引き出すスピードを重視するため、一定量以上はすべて忘れるようになっているため、新たな記憶は上書き方法で記憶されます。
デザインやファッションなど時代的な変化が起きると、グローバルな世界では直ぐに全世界に広がり、古いデザインは一気に廃れてしまうのはこのためです。
そして、その機能を最大限に生かすことで、人間は進化を続けているのだと思いますし、そうなるように設計されたようです。

反対に右脳が大好きな美しさは流行などには左右されない普遍的なものです。
右脳の記憶は生きて経験したこと全てがデータではなく認識や理解、イメージとして記憶されているので、同時に並行的に引き出し、比較検討することができます。
興味を深め、本質を追求するのが大好きな右脳を活用し、認識を深めれば深めるほど、普遍的な価値や美しさは質を深め、その人の判断能力や処理量、反応スピードは左脳をはるかに超えるほど高まります。
顕在意識は通常左脳を使いたがりますが、熟達や慣れなどにより無意識に思考、行動するときは、全てこの右脳の奥深い部分が活躍しているのです。
職人と呼ばれる人や、曲芸、レーサーなど全て右脳が優れた人たちで、機械やコンピューターがどんなに進歩しても同じことをするのは不可能です。

人間が生まれてきた理由の一つに進化があるように、反対に人生経験によって右脳の潜在意識を広げ、更に意識を深めてその能力を高め、宇宙の本質を理解することも生まれてきたもうひとつの理由の一つではないかと僕は思っています。
|10:36:19|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1284-54e34a6a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。