オクラ
2013-07-22 14.40.34
近所の山を歩いていて、オクラが実をつける様子を初めて見ました。
シシトウなどと違い、花が咲いたあと、そのまま空に向かって身を膨らます光景に、なんだか少し違和感を覚えました。
味は素朴な懐かしいような感じがして大好きですが、どこか日本の風土で生まれた植物ではないエネルギーを感じるのは、そのせいだったのかもしれません。


物質の最小単位である原子は、電子や中性子などの素粒子からできていることは分かっています。
科学的に理解されている素粒子は、物質でありながらエネルギー体であり、ニュートリノのように地球や人間の体などの物質を通過することも分かっています。
それぞれの粒子はすべて回転していて、はっきりとしたエネルギーパターンが存在し、それにより物質はいろいろな形として存在しているようです。

右脳は意思としてそのエネルギーパターンに影響を与えることが可能です。
物質的な外部からの影響よりも、内部から起きるエネルギーの方がその物質に与える影響も大きく、それは人間にも言えることです。
病は気からというのは、本人の意識が一番肉体に影響を与えるということを言っているのでしょう。
|09:24:54|山歩き&金沢のパワースポット | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1310-66104dd3
trackback