中秋の名月
2013-09-09 12.12.03
旧暦の8月15日は、北半球では太陽と月の角度の関係から、最も明るく澄んだ月が見られることから、中秋の名月と呼ばれるようになったそうです。
今年は9月19日にあたるようです。

山を歩いていると大きく膨らみ、色付き始めた栗を見つけました。
夕暮れの虫の声やススキの花、歩道に咲いているコスモスの花からも、秋の訪れを感じられます。
朝晩の空気も日ごとに涼しくなってきているため、例年より早く徐々に紅葉する木々も現れてきそうです。

昨年の9月は厳しい残暑となり、30度以上の真夏日がなんと20回以上もありましたが、今年は9月に入り比較的涼しい日が続いています。
ただ今日明日は再び蒸し暑い真夏日になるようです。

日曜日にかけ、台風が勢力を強めながら関東地方に接近するようなので、注意が必要かもしれません。
2013-09-09 12.11.40


|10:04:52|天候、地球環境 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1336-d7f82544
trackback