スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
ブルゴーニュ・ル・フルール2011
PA302985.jpg
新しいグラスワイン、ブルゴーニュ・ル・フルール2011。
造り手はデュフルール・フレール。グラス650円、フルボトル3480円です。

本当はもう少し熟成させたいヴィンテージですが、ブルゴーニュワインはボルドーワインと比べ、本国での生産量が非常に少なく、日本へ輸入自体も限られているので、直ぐにインポーターさんの在庫もなくなってしまいます。
イタリア、スペインワインはもう少し総量が多いし、チリ、アルゼンチン、南アフリカなの第3国のワインであればブルゴーニュの何百倍の量が輸入されているので、価格も安く、安定した量が確保できます。

しかし、すぐに現金化したい生産者の思惑もあり、早飲み用に造られるそれらのワインは、はじめから熟成させることを考えていないので、常に出来上がってから半年位で店頭に並ぶので、味わいに奥深さがありません。
僕がフランスワインにこだわる理由はそこにあり、熟成させて初めて本質が表れるワインこそ、飲む価値があると思っているからです。

デュフルール・フレールはニュイ・サン・ジョルジュに本拠を置くドメーヌ&ネゴシアン。
16世紀から実に400年を越える歴史を持ちます。葡萄栽培では除草剤不使用、有機肥料使用する自然派。樽熟はクラスにより新樽率30~70%で18~24ヶ月行うそうです。

自分で管理する畑で作られたブドウで仕込むドメーヌ物で、香りはチェリーなどのベリー系な香りにほのかに新樽のスモーキーな香りが混じるピノ・ノアールらしいもの。
フルーティな果実味に柔らかなタンニン、強すぎない酸味がバランスよく、これぞブルゴーニュという非常に素晴らしい味わいです。

|10:03:11|ワイン | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1396-e1576865
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。