スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
ヌーヴォ人気
s_PB171465.png
今年はアベノミクスによる円安の為に、輸入品が大きく値上がりしました。
ワインだけでなく、ガソリンや小麦粉、サラダ油など、生活に関わるものの大半が値上がりしたのではないでしょうか。
景気を良くするために、中央銀行が大量にお金を印刷し、金融緩和して自国の通貨を下げ、株価を上げるこの手法は、一時期的に数値は良くなりますが本質的に国民の生活を苦しめる結果になります。

もはや、経済があまりにも複雑になりすぎ、政治家だけでなく経済のプロである経済学者のほとんどが、現在の経済の本質を間違って理解しているのかもしれません。
単純に、自国の通貨が下がることは、その国の力が衰えたことを示します。
自己アピールしか頭にない政治家の、愚かな政策によりこの先も更に国民を陥れようとしている政府を支持する日本人。
不思議な現象の先にある景色は、あまり良い色彩ではないのは確かです。

手間をかけ、大変な労力を使い、素晴らしい味わいのワインに作り上げた、ドメーヌ・アラン・シャンバール ボジョレー・ヌーヴォ2013 ヴィエイユ・ヴィーニュ。
日当たりの良い南向き急斜面の畑に育つ、平均樹齢60年のブドウを、急斜面ゆえに機械ではなく全て手摘みで収穫し、天然酵母で醗酵。
今年は特に素晴らしい味わいで、非常にフルーティーな芳香と凝縮感のあるたっぷりとした果実味の力強い、ボジョレーとは思えないような奥行きのあるワインに仕上がっています。

しかし、今年は当日のマスコミの報道以外は、円安で価格が上がったせいなのか、あまり注目されていない様子で、店でもあまり動きはよくありません。
この時期だけの、本当に心に響くような芳香のワインですが、ちょっとしたきっかけで気持ちが冷めるとだれも振り向かなくなるのは、日本人の特性なのかもしれません。
|10:16:46|ワイン | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1411-f4080ba5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。