スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
氷河期
fdaa4887.jpg
南極大陸で地球上での史上最低気温「-93.2度」を記録したというニュースがありました。
リアルタイムで観測したのではなく、3年前の2010年8月10日に人工衛星によって地表面の温度データを分析した際に観測されていたことが最近明らかになったようです。

これまでは地球上で記録された最低気温は-89.2度で、1983年7月21日、南極大陸の内陸にあるボストーク基地でのことです。
そして今回最低気温が観測されたのも同じく内陸で、太陽が当たらない時間帯は、宇宙空間に熱が逃げやすいために冷え込みが強まるようです。
海に囲まれている北極よりも、南極の方が寒いというのも同じ理由からだそうです。

地球全体の温暖化によって、北極の氷が少なくなっているのは明らかです。
南極でも同じように棚氷が崩壊し氷床が減っていますが、それは実は、南極の西側の地域でのことで、東側の地域では明瞭な傾向はなく、増えている可能性もあるそうです。
また、南極でも空気中の二酸化炭素の濃度は年々増加していますが、気温も目立った上昇傾向はみられず、むしろ南極大陸の内陸の方では寒冷化しているというデータさえあります。

二酸化炭素の上昇と温暖化の関係には未だに謎が多く、近年の気温上昇の原因は、実は原因のわからない海水温の上昇によると、僕は考えています。
それにより、偏西風の流れに異常が起き、寒気と暖気の衝突が活発になり、異常気象の原因になっているのでしょう。
そして、地球の歴史からみたサイクルとして、次の氷河期が8万年後に来ると学者たちは言っていますが、実は太陽の活動から見ると、寒冷化が進み、氷河期にかなり近づいているというデータもあるようです。
そして、僕の右脳は間違いなく地球は氷河期に向かっていると伝えてきます。
|10:08:11|天候、地球環境 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1429-2e6739b9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。