スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
睡眠と休息
20131111183525d31.jpg
今年は9月、10月、11月と去年よりも売上が落ち、12月の忘年会はどうなるのか心配でしたが、今のところとても多くのご予約を頂き、連日開店前から満席、そして、空いた短い時間にもお客様が入っていただき、予想以上に盛況な状態になっています。
しかし、毎年クリスマスだけは一時期的に暇になります。
東京のレストランはクリスマスが12月で最も忙しくなるそうですが、金沢文庫ではそういう気分にならないのかもしれません。
その後、最終日までは例年、本当の意味の忘年会や仕事納として、一年で最大の忙しさが待っているので、クリスマスの休息は体力的には助かります。

人間は一日の3分の1は睡眠により、疲労した肉体のメンテナンスと、気の流れを調整して宇宙から滋養を得ることで体力の回復をはかる必要があります。
その日の疲労を、その日の睡眠で回復させないと、細胞の再生時に遺伝子に傷が付き、完全な再生ができなくなり、それにより人間は老化します。
なぜそのように設計されているかというと、それがなければ意味のない無駄な人生をだらだらと続けてしまい、人生を永遠に終わらせることができなくなってしまうためです。
起きている時間を少しでも長く楽しむことこそが人生だと思っている人ほど、老化が早く、肉体における使命もほとんどないのかもしれません。

そして、睡眠中に意識が肉体から離れることで、人生の方向修正などのアドバイスや指南を夢の中で受け取ります。
睡眠には深さがあり、朝方の起きがけの浅い睡眠、レム睡眠と言われるときにたいてい人は夢を見ますが、実際には夢が記憶に残っているかいないかの問題で、深い睡眠の時にこそ大切な夢を見ているようです。
浅い睡眠は脳も少し覚醒してるため、記憶や感情の影響を受けている場合が多いので、その時の精神状態を反映した夢になり、反対にとても深い睡眠の時の夢は、肉体的な影響をほとんど受けない潜在意識の中で見る夢なので、エネルギーの形態も物質的な脳が理解できるものではなく、そのせいで記憶に残らないのかもしれません。

でも、深いところで右脳が受け取るメッセージこそ、この宇宙の本質的な意味をもち、最も重要なのは以前に何度も書いたとおりです。
|10:22:55|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1436-40225688
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。