スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
マイナス
2014-02-03 12.06.59
昨日は立春でしたが、横浜でも牡丹雪が舞い、春のような暖かさで梅の花も満開になった一昨日とは一転して、この冬一番の寒さになりました。

年に数回レベルの強い寒気が本州付近をすっぽりと覆っていて、今朝は全国の8割以上でマイナス気温を観測してたようです。
気温の急降下と並ぶように東証株価も600円以上の下落と、連日の下げが止まる気配が全く見えませんが、すでに消費税増税前にアベノミクスは息切れ状態を露呈しているようです。

FRBのバーナンキ議長が辞任の前に、自身のやりすぎた金融量的緩和によるアメリカのインフレ暴走を止めるために、緩和縮小は今後のアメリカへの義務だと感じたのか、縮小を無理やり実行に移したせいで、それが引き金で新興国の通貨の暴落を招いてしまいました。
経済指標や数字で誤魔化してきた中国をはじめとする新興国経済も、緩和によりだぶついた資金が引き上げ始めると、徐々に実態が露呈し始めて、トルコなど10%と超えるようなありえない金利に引き上げても、もはや通貨下落を止めることはできないのは明かです。逆に金利上昇による成長悪化の懸念の方がさらに不安です。

やや良かったアメリカ自身も、この先実体経済として伸びる要素は何もないので、新興国に引きずられるように大きく悪化の方向へ向かうのは避けられそうにありません。
僕自身は原発は早期になくすことが必要だと思いますが、都知事選で舛添さんが負ければ、原発の再稼働は不可能になるので、燃料費がかさむ日本も貿易赤字が大幅に進み、最終的には国債が売られ、金利上昇と円安による電気代などのコスト上昇により、今より経済はかなり厳しくなるのは間違いないようです。

厳しい現実ですが、隠していた実体経済の本質を露呈し始めただけなので、肉体の病気と同じように、その後はかえって楽になると思います。
その後の未来に関しては、最大の問題はそのあと人間が今までの欲深さをどれだけ反省するかの度合いに影響を受けると、僕は感じています。

|10:17:30|政治、経済 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1481-8bbe1655
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。