理想と現実
2014-01-06 13.51.38
自分の成長だけを考え、真理や本質を理解し、正直に生きていても、左脳が作り出したこの現実と社会は、ほぼ全てが偶然の積み重ねで出来ていて、欲の深い人たちによる、お金と暴力を中心にしたシステムが強く働いていることも事実です。

運がいいとか、ついていないとか感じるのは、自分の左脳が考える方向性と、外部にある偶然性との接点での出来事だけで、それは、ほとんどが自分自身の欲望やエゴと他者のエゴとの関係でしかありません。
右脳が奥深くから発する自分の未来に対する方向性やメッセージは、その関係を超えて自分の進歩に対する正しい導きですが、多くの人はその指示よりも、偶然のリスクが高い左脳の判断が正しいと感じているようです。

しかし左脳が作り上げたこのシステムは、非常に脆弱で、ほころびが出やすく、その都度、対処療法的な修正によってなんとか維持しているのが現実です。
それにより、お金を中心とした社会は左脳の能力の優劣により格差が広がり、そのシステムからこぼれた悪意が、多くの犯罪や紛争、そして戦争などの悲惨な現実を生み出してしまうようです。

いよいよ、ロシアがウクライナに侵攻し、戦争の口火が切られました。
この戦争には、安倍首相の思惑通りに、日本も巻き込まれる気がしています。
そして、これにより資本主義システムには存続不可能なほどの欠陥が露呈することになり、創造主が予定しているとおりに、世界は次の段階に入るのでしょう。
|10:20:13|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1504-49b57f2e
trackback