意識エネルギーとアドバイス
2014-01-06 13.53.29
生きている人間の意識エネルギーは15から21の段階にあり、一般的にはフォーカスという位で表されています。
フォーカスは意識のレベルを表していて、意識が肉体の遺伝子に支配され、欲望のままに生き、エゴにとらわれているような状態ほど数字は低く、右脳よりも言語や計算、結果や正解を出すこと、他人の評価やお金を集めることなど、左脳ばかり働いている人も、下の方に位置することになります。
物事を深く思索する右脳が潜在意識と繋がり、意識が自分の遺伝子と距離を置き、この世界の本質を理解すればするほど上位のフォーカスに進むことができます。

上位の意識エネルギーは、常に下位の意識エネルギーにアドバイスをする立場にあり、決して、コントロールしたり支配することはありません。
ウクライナ新政府やアメリカとロシアが対立しているように、他者を否定するのはお互いに低いレベルのフォーカスにいるためで、上位のフォーカスは絶対に物事を主張することはありません。

フォーカス22から27までの死後世界の人間の意識体は、ほとんどが異次元の地球に閉じ込められている状態で、フォーカスは人間より上位でも、生きている人間にアドバイスすることはなく、右脳を通じてのアドバイスや創造的な直感、危険の知らせなどのメッセージは、28以上の上位のフォーカスから送られているようです。
自分の本来の使命や生き方、その時点での最善の選択なども上位のフォーカスが、右脳の潜在意識を通じてアドバイスをしていて、特に肉体が覚醒していない睡眠中の夢の中において、自分の意識は他の意識体とコミュニケーションを取り、アドバイスを受けとっているようです。
|10:08:17|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1509-52ada44e
trackback