スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
ドメーヌ アンヌ グロ エ ジャン ポール トロ
2014-03-10 14.18.19
先日の生産者合同試飲会で出会った、驚異的に素晴らしいワイン。
その正体は南フランスのミネルヴォワで、生産者はなんとブルゴーニュで僕が最も崇拝する生産者であるアンヌ・グロ。そして、その旦那さんのトロ・ボーでした。

名前はドメーヌ アンヌ グロ エ ジャン ポール トロ。

アンヌ・グロは南フランスへの憧れもあり、南仏ワインの試飲・視察を重ね「ここだ!」と思える場所と出ったようです。
初めてピノノワールとシャルドネ以外の品種の素晴らしさを知り、そしてミネルヴォワとの運命的な出会いを感じたアンヌ・グロは、この地にドメーヌを設立。
粘土石灰質、砂岩質という土壌の多様性、そして、4種類のブドウ品種(カリニャン、グルナッシュ、シラー、サンソー)の発見や、様々な樹齢のブドウ樹、ヴォーヌ・ロマネと同じ標高220mであるモンターニュ・ノワールと呼ばれる丘の麓という素晴らしい環境など、これらの様々な要素をもってこの地を選んだそうです。

そして、カリニャンというブドウ品種に特別なエネルギーと深み、偉大な潜在能力と心を揺さぶる振動(周波数)を感じたとインタビューで話し、この宇宙の本質である意識エネルギーの高さを、アンヌ・グロは感じることができる数少ない人なのかもしれません。

ブドウはそれぞれの個性を表現するために各区画ごと、そして品種ごとに分け、それぞれのキュヴェが持つ独自性と調和性を見出すために、樽熟成を終えてから最後にどのようにアッサンブラージュするかを決めたそうですです。

出来上がったこの4つのワインは、比較的飲みやすいテーブルワインから、熟成が必要なグランヴァンのような潜在的なエネルギーのあるワインに分かれていて、どれも驚く程素晴らしかったのを憶えています。
大地からのメッセージのような圧倒するような果実味のエネルギーに溢れているのに、とても優しく包み込むようなやわらかさを持ち、精神性の高さを感じる意識エネルギーが伝わってきました。

実は今まで色が濃いだけで品格に欠けるミネルヴォアにほとんど興味はなく、大衆向けのテーブルワインしか生産していないと思い込んでいたのですが、同じブドウ品種でここまで変わるとは本当に驚きで、大きく考えさせられました。
あまりそう感じるワインは少ないのですが、このワインはいつか手に入れてみたいと感じました。
|09:51:05|ワイン | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1521-5b1be053
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。