スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
羽根屋「煌火」
P4033197.jpg
4月から新しく始まった富山県の日本酒、羽根屋「煌火」生原酒一合940円。
とても小さな蔵なので、生産量も非常に少ないところに、メディアなどの評判が重なり、現在品薄状態が続いている日本酒です。

富山の酒らしく非常に淡麗で、香りはやさしく、ほんのりと上品な果実のような香りが楽しめます。
生原酒ですが穏やかで落ち着きのある味わいで、日本酒では今まで味わったことのないような綺麗な透明感が広がります。

蔵元のコメントでは、
「全ての酒を大吟醸のように醸すと謳うように、蔵元杜氏「羽根 敬喜」氏が魂を込めて醸す酒。
ほとばしる美味しさをそのまま詰め込んだ生原酒で、夜空を彩る花火の艶やかな煌めきのようでいて、海のように優しく包み込む、心に染みるような優しいお酒です。」

この酒には蔵人たちの情熱が溶け込んで、この焔(ほのお)が導火線となって燃え広がって、日本酒の新しい時代のための灯火となるような願いを込めたのかもしれません。

|09:35:23|日本酒・焼酎・梅酒 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1538-177785f1
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。