メッセージを受け取る場所
2014-04-21 12.46.37
自分が間違った判断や行動をしていると、自分の右脳の潜在意識や、あるいは自分にアドバイスする立場にある他の意識エネルギーが、いろいろな方法を使ってメッセージを送ってきます。
特に緊急を要する事故や危険に対しては、昔から箸が折れたり、靴紐が切れたりして不吉な予感を伝えるとされてきました。

多くの場合、好奇心の方向付けと同じように深いデルタ睡眠に入っている時の夢の中で修正や指導を受けるのですが、意識が脳とは繋がっていないので、脳の記憶に残ることがなく、覚えていないのが通常のようです。

繰り返し間違った行いをしていると、たいていの場合は全く関係のない他者を使って間接的に伝えてくることが多く、その伝え方は、時間的にもとてもゆっくりとしていて、予想もしない相手からの場合もあり、多くの場合が見逃されることが多いのかもしれません。

また、僕の場合はたまたま開いた本の中に書いてあったり、新聞のコラムだったり、大抵は同じことを繰り返し伝えてくるので、それが重要なメッセージであることに、ある程度時間が経ってから気がつくことが多いようです。

現代人の多くがそうであるように、現実的な事実や具体的な結果や目に見える物質しか信じない左脳偏重型の志向の人は、全くこのような事実を受け入れないと思いますが、そのような人は偶然だけの世界に最後まで翻弄され、自分の人生に意味を見出すことなく日常を繰り返し、死に怯えながら人生の終わりまでお金だけに振り回されて生きるのかもしれません。

全ての人が子供時代に持っていたこの能力を、完全に否定する現代社会の常識や教育は、これからの人類の進化に対し大きな損失になるだけでなく、退化にもつながるのではないかと僕は思っています。
|10:13:36|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1558-94ca1f2a
trackback