スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
STAP細胞とiPS細胞
mig.jpg
小保方さんをヒロインにして大々的にSTAP細胞をアピールした理研が、論文の不正が見つかり問題となったあと、今度は小保方さんだけを悪者にして逃げ切ろうとする理研ですが、事の発端は理化学研究所がSTAP細胞発表の時、京都大学のiPS細胞と比較したことが原因なのかもしれません。

自分の臓器を移植ではなく自分の細胞から作り出せるという、将来の再生医療の発展の鍵となる「万能細胞」と呼ばれるものには、いくつかありますがそれぞれには長所と短所があるようです。
iPS細胞(人口多能性幹細胞)は、細胞の核に人工的な細工を施す(特殊な遺伝子を皮膚などの細胞に組み込む)ことで、様々な細胞になることができるよう変異できるようにしたものです。
今まで不可能だった脊髄損傷などの治療として人間でも近々適応が期待されるようですが、癌への変異の可能性が高いというデメリットがあるようです。

卵子を壊して作り出すES細胞(胚性幹細胞)は、様々な細胞に変異できるようですが、一部の細胞になれなかったり、生産の速度が遅かったり、卵子を壊すので倫理的な問題があるなど、大きな壁があるようです。

弱酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、万能細胞を作製することに成功したとされるSTAP細胞。
体の細胞を万能細胞に作り替えるには、初期化という作業で受精卵の状態に細胞を逆戻りさせる必要がありますが、iPS細胞は遺伝子を使って初期化するのに対し、STAP細胞は酸性の溶液に浸すだけで簡単だということを強調したことが、今回の問題の発端になったのかもしれません。


しかし、問題の本質は決して論文の写真の貼り変えなどの不正ではなく、万能細胞を使い人体に問題なく機能する臓器を作り出すことができるのかということではないでしょうか。
実際に、万能細胞に作りたい臓器などの遺伝子を貼り付け、それが細胞分裂して自分の臓器のコピーを作り出すことに成功したとしても、そこには本来持つべき意識エネルギーは存在していません。

生物は受精が成立するような生命が誕生する時に、必ず意識が宿ります。
遺伝子はあくまでも設計図でしかなく、仮にそれに従い細胞分裂したとしてもまったく同じものができる可能性は非常に低く、意識の存在しない癌細胞化してしまうのは、iPS細胞で既に検証されていることです。

全ての物質の最小単位である素粒子においては、今の科学でも回転運動をしていることが分かっていて、その回転運動こそがこの宇宙に共通する意識エネルギーです。
そして、肉体は部品の集合で出来ているわけではなく、臓器の細胞など全てにはその人間の意識が宿り、その指示に従ってっています。
それを理解できずに人間が人工的に生命物質を作り出すことは、絶対にありえません。
|11:21:17|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1565-26afd556
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。