解脱
2014-05-12 14.28.42
物質に意識を与え、自らの発展する欲望と好奇心から徐々に複雑化し、今の宇宙や地球、そして植物や動物、人間を作った創造主。
しかし、現在ある人間やその魂と言われる意識エネルギーは、創造主が直接生み出したわけではありません。

この意識エネルギーはほとんどが実は地球や人間が生まれる以前から存在していたものです。
3次元の物質的な地球で、そしてこの時空間で人間が誕生する時にその肉体に宿り、人間として一生を経験することで、そのプロセスが新たなエネルギーの付加になるために、人間としての経験を重ねているのです。
あくまでも自由意思により活動が許され、失敗や挫折を含めた経験を積み重ねるように設計されています。

そして、自分よりも高度な意識エネルギーを持ってるものが、右脳の深くにある潜在意識と繋がり、常にサポートや微調整をしています。
創造主にとってはあくまでも、その過程で生まれる感情などのエネルギーを採取することが大きな目的ですが、その流れをコントロールするために高度な意識エネルギーを使い人間の心にアドバイスや方向性を示しているようです。
輪廻を繰り返すというように、その過程を何度も繰り返すうちに、個々の意識エネルギーの精神レベルが徐々に高まり、感情などの起伏が穏やかになってくると、それがある一定のレベルを超えるとこの時空間での経験をしなくなるようです。

仏教で言う、解脱という状態と同じですが、少し悲しい言い方だと、役割を終えたということかもしれません。
|09:59:08|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1573-48278dec
trackback