スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
人生の微調整
9771927256_d9e94262b2_c.jpg
人間の右脳の機能は、殆どを五感からの情報の伝達に費やしています。
そして、その次に重要な仕事として遺伝子からの使命の伝達、すなわち欲望の表現を強く感じるように作られています。

人間の脳は数パーセントしか使われていないのはよく聞く話ですが、それはほとんど左脳の機能に関することで、日常的な会話や、その時の瞬間的な判断しか一般的には脳を使わないからです。
無意識にする作業や思考はほぼ全て右脳が行っていて、慣れによる熟達が深まると右脳はさらにハイレベルの判断をこなすことができるようになり、プロスポーツ選手などのスーパープレイは全てこの右脳の深まりから生まれてくるものです。

右脳はさらに肉体からの束縛、すなわち顕在意識による縛りから解放されると、この宇宙に満ち溢れる他の周波数帯と繋がることができ、直感やヒントなどのメッセージを受け取ることが可能になります。
実はそれ以上に右脳は日常的に自分ではない他のエネルギーから指示を受けていて、それに従い人間は行動しています。
積極的になれたり、気が進まなかったりするのはこのためで、自分を担当する上位の意識エネルギーが、常にすべての行動や判断に関与しているからなのです。

ただ、多くの現代人のように、感情の発露になりやすい右脳を閉じ、他者から評価されやすい左脳だけを使い日常を生きてると、偶然に翻弄された突発的なトラブルに遭遇しやすい日常になってしまうのかもしれません。
東京というグローバル化された都市は、左脳が長年かけて作り上げた法律や警察、安全に管理された交通網などにより、完璧にシステム化された安全網に守られているので、殆どの人は不便を感じないようですが、ひとたび想定外のことが起きるとパニックを起こすのは、東日本大震災などで実証済みだと思います。

右脳における人生の微調整さえ放棄した現代人。
その人たちが自分勝手に向かおうとしている未来に、僕はとても不安に感じます。
|10:10:59|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1599-ae16c701
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。