フォーカス20
2014-06-23 13.44.52
フォーカス19での人生を終え、フォーカス26の死後の世界に集まった意識エネルギーは、次回の人間体験の準備が整うと、比較的早く地球信念体系の外側へ向かいます。

人間体験をサポートする準備ステーションで、次に過ごす人間の生活をする場所や家族、年代を選択し、受精した卵子に入ります。
フォーカスレベルも高まり、最後の人間体験が近くなるにつれ、徐々に輪廻の回数も減ってくるために、この選択がかなり重要になってきます。
そして、準備ステーションでは、入ることになるその人の一生を確認することができるので、ある程度予測のもとに人生を選択しているようです。

その人生での体験により学習を繰り返してフォーカス20に上昇することが可能になると、意識エネルギーは今までと違いあまり目立つような職業に就くことはなくなるようです。
他の人へ対する指導や導き、肉体ではなく精神の救済に関するような職業になることが多くなります。
一部の僧侶などの宗教家やカウンセラー。
高尚な哲学者や瞑想家。

名声や収入とは全く無縁に、自分の言葉や行動で多くの人の意識エネルギーを上昇させることだけに自分の人生を送る人が、フォーカス20レベルの意識エネルギーを持った人のようです。

|10:12:30|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1618-7bb51d6c
trackback