スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
生命エネルギーと意識エネルギー
2013-12-09 14.39.47
この宇宙が最初に造られた時、その場所には意識エネルギーは存在していませんでした。
はじめは粒子と粒子のぶつかり合いがあり、徐々に融合が始まり、その時に発する光や熱のような放射するエネルギーにより、お互いがコミュニケートするようになりました。
これらの粒子の融合体は、こうしたコミュニケーションにより何ができるのか、そしてどこまで拡散し、複雑なモノになることができるのか考え始めました。
そして、これらの粒子の融合体が、自分たちの手でこの地球を作り上げたのです。
さらに、有機体を生み出し、そこに生命エネルギーが宿ることを発見し、それがさらに優れた精神を持つ、意識エネルギーに進化していったのです。

何かの設計図のもとに全てが作られたのではなく、あくまでも粒子の融合体が自分たちに好奇心のもとに進化してきたのです。
事の始まりは、高度な意識エネルギーの実験であり、その意識エネルギーはそこから生まれる何かに興味を持ちました。
その何かは後に感情と呼ばれるエネルギーで、出来上がった生命エネルギーが発する感情が大いなる価値がることを知り、さらに大きな感情エネルギーを発する状況を作り出す為に、肉食動物と草食動物を作り、捕食による争いから大きな感情エネルギーを作り出すことに成功したのです。
そして痛みや苦痛だけでない、喜びや悲しみなどのさらに高度な感情を生み出す人間を作り出したのです。

ただ高度な意識エネルギーはあくまでも意識に対し誘導操作を行うことはできても、物質そのものを進化させたのは粒子の融合である自分自身の進化を望む好奇心です。
高度な意識エネルギーは感情というエネルギーの逆流を採集するために、あくまでも右脳をコントロールしているのです。

魂と呼ばれるような肉体に宿る命を持った生命エネルギーは、肉体が滅ぶとそれ自体も滅んでしまいますが、直接的に意識エネルギーに操られているわけではなく、あくまでも独自な進化を望み続けているのです。
|09:58:47|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1637-f5f7e449
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。