ガマの穂

昨日までの乾燥した空気から一転して、今日は朝から再び南からの湿った蒸し暑い空気に包まれてしまいました。
そして、続けざまに台風11号と12号が発生し、どちらも日本に接近する可能性が高いようです。

特に先に出来た11号は、12号よりもかなり遅れて来週中頃に、日本に接近、上陸する可能性が高く、勢力も急成長する海水温度にあるので、注意が必要なのかもしれません。
このまま今年の8月は、台風の上陸と局地的な集中豪雨に翻弄される夏になる気がしています。

ロシアに対する不信感からくる緊張の高まりは、西側諸国のロシアに対する経済制裁だけでなく、債権引き上げによるロシア金融界のダメージに繋がり、それがその後のプーチンの動きに大きな影響を与え、いつ世界大戦が起きてもおかしくない状態が続くでしょう。
世界経済は一時期的に投資の引き上げが発生し、年末にかけて大暴落する可能性があります。
反対に日本円は買われ、再び80円台まで上昇し、東証株価も2万円台に向かうような気がします。

世界危機が深まれば深まるほど、どんなに日本の総理大臣の精神レベルが低くても、常に勤勉で正直なフォーカスレベルの平均が高い日本が、世界中から評価されている事実が実態として目に見えてくるのかもしれません。
このあと経済成長の止まった世界は、日本を中心に未来を作り始めるのは間違いのないと、僕の潜在意識からイメージが伝わってきます。
|10:08:57|天候、地球環境 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1653-9fac6c36
trackback