スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
左脳と右脳のバランス
IMG_2252.jpg
人間の右脳は五感からの伝達を日常の主な活動とし、肉体だけでなく意識からくる感情や欲望と強く結びついています。
そして、無意識に行う思考を担当し、心理や本質などの理解を深めれば深めるほど思考速度は上がり、視野が広くなります。

反対に左脳は右脳の思考をサポートするために創られました。
右脳が作り出す次元が異なる意識からのイメージを、地球での活動に適した3次元のものに置き換え、共通の認識に役立つようにすべてを論理的に思考します。

右脳から発生する意識エネルギーそのものは、あまりにも抽象的で自分でも把握することが非常に難しいのが現実です。
自分が生まれた理由やこの人生において何をするべきなのか、という本人にとって最も重要な情報なのですが、その表現は好奇心や感情として現れてしまうため、常識論や倫理性、社会性ばかりを優先する左脳によって、その殆どは否定されてしまいます。
本来はその分かりにくさや反社会性を修正し、右脳を補うための左脳の役割が、現代の結果を重視する教育システムにより、単なる正解を導き出す頭脳として教育させられるため、左脳の本来持つ存在意味を失ってしまったようです。

右脳の抽象的思考に対する左脳の具体的思考。
右脳の潜在意識と左脳の顕在意識。
本来素晴らしいコンビネーションを見せるはずなのに、敵対させた現代教育の罪は、人間の思考レベルの低下を見ていると、今後も検証されることはないのかもしれません。
|09:46:14|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1709-e052060a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。