スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
喜びと苦しみ

喜びと苦しみという両極端の感情は、人間にとって生きている証であり、死後の肉体を失った意識エネルギーには全く存在しないものです。
多くの人は死後の魂にも喜びや苦しみ、悲しさなどの感情があると思っているようですが、実際はこの地球という時空間だけに存在する人間だけが持つものです。

喜びと苦しみはその人の精神レベルやフォーカスレベルを測る尺度になります。
喜怒哀楽が激しく、感情の起伏が大き人ほど、すなわち感情エネルギーに意識が振り回される人ほど、フォーカスレベルは低く、精神も安定していません。
自分の意識エネルギーが、この世の数多くのことを理解し、受け入れる量が増えれば増えるほど、感情をコントロールすることが可能になり、感情の起伏が少なくなってきます。

喜びが多い人生ほど幸せだと、現代社会では常識的には考えられていますが、実は喜びと苦しみや痛みは隣り合わせなものです。
そもそも人間とは、喜びと苦しみに振り回されることによって多くの感情エネルギーを発生し、それを回収、集積するために創られたのです。
初めは恐竜や動物の捕食による殺し合いからくる痛みを採集しましたが、人間が生まれてからはさらに多種多様な感情を採集することが可能になり、感情の起伏が激しい数多くのフォーカス15の人間をあえて多くしているのでしょう。
上位に意識エネルギーによって意識が操作され、自らの意識エネルギーにより人間は動物から進化してきました。
進化そのものは自分がしたものですが、すべては上位の意識エネルギーにより、より多くの感情エネルギーを集めるために計画されたのです。

感情の起伏を少なくし、感情エネルギーの発生が少なくなると、フォーカスレベルは上昇し、フォーカス21までくると人間は輪廻しなくなります。
厳しい言い方をすると、この地球という時空間には必要がなくなったということなのでしょう。
意識エネルギー自体はこのような成長を強く望むものですが、反対に意識との繋がりが乏しいフォーカスレベルの低い肉体は成長を望まず、振り回される人生を好むものなのかもしれません。
|10:09:56|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1711-778f189e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。