スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
台風18号

非常に勢力を拡大しながら日本に近づいてくる台風18号。
朝から吹き付ける湿った生ぬるい南風が不吉な予感を感じさせるように、今回はかなり危険なルートになりそうなので注意が必要なのかもしれません。

台風の発生、そして進路は、通常偏西風や高気圧などの上空の風により決まるものですが、気象は一番意識エネルギーの影響を受けやすいので、多くの場合上位の意識エネルギーの意図が含まれる可能性があります。
しかし、物質化している人間の中にも、昔から気の達人と言われるようなかなり上位の意識エネルギーを持っている人もいるので、台風の進路に影響を与えることが可能なのも事実です。
特に集団で意識を集中すれば、かなりの影響を与えられるでしょう。
昔から、豊作を祈り、天災を避けるために祈祷するのはこのためです。

そして、事故や災害から避けることができる人は、日常的に自分の内なる声を聞くことが出来る人で、無意識に行動を変更することにより、さりげなく避けています。
反対に、常に日常から偶然に翻弄され、トラブルに巻き込まれやすい人は、人間関係などを必要以上に固執し、損得勘定にこだわり、自分では頭を使ったと思い込む左脳の意識的行動が癖になっていることが原因で、予感や直感が働かず、現代社会の常識こそが絶対だと思っている人です。

子供の頃から自分の意識と向き合うことはせず、人の評価や試験などの結果ばかりに思考が支配され、目に見えることしか信じない人は、物質的にも人間よりもはるかにパワーのある自然を前にして、なすすべはありません。
御嶽山の噴火や、東日本大震災の津波など、想定外の災害が起きるたびに想定を引き上げることしかできない左脳。
フォーカスレベルの高い人たちは、その愚かな思考を見るたびに、滑稽に感じているのでしょう。

目に見えないものを怖がり、敵対を好む左脳に対し、すべての存在を認め、お互いの意識の共感が好きな右脳。
どちらが未来に残るのかは、誰の目にも明らかです。

|10:09:03|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1717-984b25e0
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。