スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
フォーカス15の輪廻

世界の人口の約8割。そして日本人の半分以上を占めるフォーカス15の人たち。
その多くは初めての人間体験の人たちです。
動物や植物、そして地球以外の意識エネルギーが人間になるケースもありますが、殆どは誕生と共に新たに生まれた意識エネルギーであるようです。

初めて人間体験をする場合、特に左脳の使い方が上手くできないと、生きることだけに振り回された人生になり、感情に翻弄され、不衛生から感染症や病気との闘い、他者との食料の奪い合い、そして学習能力が低く、仕事がうまくできないために貧困に喘ぎ、若くして命を落とすことが多いようです。
日本のような先進国は、そのような弱者に対するフォローが行き届いているので、多くの場合親の庇護のもと、引きこもりやニートになってしまう場合が多いのかもしれません。

フォーカス15の人は死後、ほぼ全員が生きてる時に自分のアイデント(アイデンティティー)を持たないために、自分が何ものであるかを見失ってしまいます。
生きている時と同様、意識エネルギーは弱く、不安定なままいつまでもフォーカス22のエリアに閉じ込められてします。

この魂(意識エネルギー)は輪廻のサイクルに入ることがなかなか出来ず、最近は地球の人口増加に伴い、あまりにも増えすぎてしまったために、自動的に輪廻のサイクルまで上昇するシステムができてきたということです。
通常は何十回か輪廻するうちに自分のアイデントを構築し、フォーカス16まで上昇するようです。
フォーカス16から20までは人間体験に中毒状態になっている人たちで、死後も比較的早く生まれ変わり、徐々に潜在意識の中にある自分のアイデントを自覚できるようになり、人間体験をさせられている意味も少しづつ理解できるようになるようです。

だいたい千回近く輪廻を繰り返すと、意識エネルギーは最終回となるフォーカス21まで上昇します。
お金やモノの価値に振り回されることは全くなく、感情はほぼすべてコントロールできるようになります。
そして、この宇宙に否定する存在もなくなり、すべてが自分の意識と繋がっている感覚を理解できるようになります。
今まで、下位のフォーカスレベルの人たちに多くのメッセージを残すことが使命だと思っていた過去の人生も、それ自体に意味を感じなくなり、最終的に人間体験に未練はなくなり、他者と時間を共有することより、一人静かに死を待つようになるようです。

|08:21:07|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1739-c5284e55
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。