スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
フォーカスレベルと肉体

読書体験や自分の人生体験によってフォーカスレベルが上昇すると、肉体にもその影響が出てきます。
一時的には、その意識エネルギーの変化により、全ての細胞のエネルギー状態に変化が起き、体温が上昇する傾向があります。
昔から言われている知恵熱と呼ばれるもので、理解力や認識力の高まりにより起きる現象です。
しかし、現在の暗記中心の受験勉強や、計算能力、外国語会話などの勉強では、ほとんどが認識力に結びつかないので、どんなに勉強してもフォーカスレベルに変化が生まれることはありません。

フォーカスレベルが上昇すると、脳や神経系も活性化するので、五感が鋭くなることにより感性が敏感になり、判断や肉体の反応スピードが速くなります。
自分の肉体に対しても鋭敏になり、体調の良し悪しや病気などに対する肉体の変化にも敏感になります。
筋肉の疲労状態やそれからの回復状態なども日々感じるようになり、肉体や精神に対する睡眠の重要性が非常に良く理解できるようになります。

それから生まれたのがヨガや導引術などの東洋の健康法で、この一つ一つの動作や運動が肉体にどのような作用があるかが理解できるフォーカスレベルの高い人が導きだした法則なのです。

運動競技選手が練習を重なるうちに肉体が変化してくるのは、全てその人の好奇心や向上心が細胞に刺激を与え、再生時に新たな能力を持てる細胞になり、それが集まり以前とは違う筋肉になり、それを使いこなす神経や脳の反応が意識エネルギーの変化によりレベルアップするために起きる現象なのです。

反対に病気や癌になるのは、細胞に対して意識エネルギーからの伝達がなく、そのために物質化している全てのモノがそうであるように、物理学で言うエントロピー減少の法則に従い時間とともに劣化し、肉体の老化という細胞が遺伝子通りに再生できなくなる現象で、フォーカスレベルが上昇しない向上心のない人間がそうなるように初めから設計されているからです。
|10:00:40|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1771-65c93d83
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。