大きな落胆

もう二度とブログが書けなくなるような衝撃的な出来事があり、暫くは書く事はできないないだろうと思っていました。
人に言えるようなことではなく、自分自身の精神的、そして内面的なことなので、解決は自分の心の持ち方だけだと思っています。
10月の背骨の骨折にしろ、今回のことも明らかに自分の中の何かに変化が起き、ハードルが上がったために起きたのだと思っています。

奄美大島で過ごした経験により、高貴な自然エネルギーを吸収することが自分の意識エネルギーの変化になり、今まで日常だった空間が少し異次元に感じるようになりました。
もしかしたら、自分自身のフォーカスレベルの上昇が現世に対する執着を減少させるために、このようなことが起きるのかもしれません。
経験のない肉体的、精神的な痛みや苦しみを繰り返すうちに、人は物質世界や人間への執着や慈しみが薄れ、自分の死後の輪廻に対する執着も薄れていくのでしょう。

ただ今こうやって書いているのは、この行き場のない精神的な苦痛を少しでも減らすため、自分の潜在意識の防衛本能が文章を書くことで吐き出そうとしているのかもしれません。
精神エネルギーは、文章を書くことでしか表面化する事は出来ないからです。

今は食欲もなく、未来に対する好奇心も全く薄れ、生命エネルギーがかなり減少しているのを感じています。
そして、自分に次があるのか全くわかりません。
|09:58:02|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1772-8bfd1c91
trackback