スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
共鳴

フォーカスレベルはその人の人間性を象徴し、人格を表します。
世間体や常識、人の評価を徹底的に気にする左脳が発達する以前の子供が、学校のクラスなどで自然と仲の良いグループを作るのは、このフォーカスレベルの共鳴によるためです。

反対に、フォーカスレベルが異なる人が仲良くなると、大抵は低い人が高い方へ引っ張られる傾向があります。
上位のフォーカスレベルの人は、下位の人を引き上げる使命があり、下位の人は上位の人の惹かれる傾向があるためです。
しかし、隔たりが多いと、お互いを理解するのが難しくなり、多くの場合は仲違いに終わるようです。

特に肉体から意識が離れる睡眠中や死後の世界では、全ての意識エネルギーはフォーカスレベルによって区分けされてしまいます。
そこでは、そのレベルに合った学習や指導が行われますが、物質を持たない意識エネルギーのフォーカスレベルが上昇することは非常に難しく、多くの場合はほぼ永遠にその世界に閉じ込められ、同じレベルの意識エネルギーと意味のないどうどう巡りな日常を繰り返すようです。

それは、肉体を持ったフォーカス15や16の人たちの人生ととても似ていて、その人の一生が近親者との意識の絡み合いだけで終わるのとよく似ているのかもしれません。
今回の選挙でもそれを象徴しているのかもしれませんが、地球の人口が増え続けるために新たに生まれてくるフォーカス15の人たちにより、地球は時間が進むにつれ、欲望と欲望のぶつかり合いによる、諍いや戦争が増えてくるのでしょう。

このことは、上位の意識エネルギーがこのシステムを設計した時の、唯一の誤算だったのかもしれません。
そして、この誤算により近いうちに地球で何かしらの調整が入る予感が僕の中でしています。
|09:57:35|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1779-25cad8b2
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。