スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
恐竜の絶滅
FD302-304-315_1.jpg
さらに良いことは「可動性作物」が他の種類の「可動性作物」と殺し合いになればルーシュが際限なく生成さることになるからです。
地球に生命を誕生させた創造主である「誰か」は、ルーシュを求める「どこか」に、実際に役立つだけの適度な純度を持ったルーシュを送ることが出来るのです。

このようにして「主要触媒の原則」が生まれました。
炭素ー酸素ユニット同士の間で起こる対立が、ルーシュを不断に放出させるという絶対的なルールの発見になったのです。

生成法を発見したことに満足した「誰か」は「第四作物」準備に取り掛かりました。
彼には「可動性第三作物(恐竜)」実用に適応するには実際には大きすぎるし、寿命が長すぎることが気になっていました。
もし「第三作物」を大量に生育させるとなると、地球全体を拡大、拡張しなければなりませんでした。
しかし地球にはこのような巨大な作物の単一ユニットのみを栽培するのに十分なスペースもなかったし、これらの作物の滋養を供給するための多様性のある「第二作物(植物)」も「第三作物(恐竜)」の数量に比べて十分とは決して言えませんでした。
同時に彼が考えたことは、「第三作物」の可動性を増し、可動速度を速くしてあげれば、対立要素が拡大しもっと大量のルーシュが生成されるだろう、ということでした。
そして、この考えは間違いなく正しかった。

大気に変化を加えるというたった一度のモーションを起こしただけで、その「誰か」はのっしのっしと動き回っている「可動性第三作物(恐竜)」すべての寿命を停止させてしまいました。
|10:06:27|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1835-abb37481
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。