スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
そして人間
20080110025804380.jpg
しばらくしてから、さらに誰かは付加的実験としてこれらの「第四作物」の中の、ほかの「可動性作物」の水準からすると弱々しく効率も良くない「可動性作物」の一形態を考案し、創り出しました。
それが人間です。

この実験的「可動性作物」には有利な点が二つありました。
一つは「固定第二作物(植物)」と「可動性作物(動物)」を食物としてして摂取し、エネルギーを吸収できること。
もう一つは、「誰か(創造主)」が「自分の一部分(断片)」を取り出し、究極的な可動性の引き金として使用したことです。

その断片を注入すると、この実験的な「可動性作物(人間)」が「親和力の原則」によって、間断のない可動の状態を維持することがわかっていたからです。
これにより人間は大いなる「全体なるもの(創造主)」との再結合を求めて、「彼自身の断片」が生み出す親和力を常時満たそうとして、常に孤独感に苛まれ、人間同士の結束や結合などを求め続けるエネルギーが生まれるのです。

この作用により、人間は初めて食物摂取によってのみ肉体を満足させようとする欲望からくる推進力だけが、生命の最大の誘引力ではなくなりました。
より重要になったのは「誰かの一断片」によって生まれた孤独を避けるという必要性や衝動が、地球上のどの場所に置いても、常に生きていることを満足させることができなくなったことなのです。

こうして行動を起し続ける衝動が、人間が常に可動し続ける原動力になり、この必要性と葛藤の期間が不断なものとなり、この新種の実験的「可動性作物(人間)」が生き延びられる限り、上質のルーシュを継続して放出することになったのです。

|09:42:13|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1838-5d4075d7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。