完成
ocean.jpg
「第四作物」は「誰か」の予想を遥かに凌ぐものになりました。
使用可能な上質なルーシュの一貫した放出が、彼の「庭(地球)」で生産されていることが明らかになりました。
「生命」の均衡が完全に保たれ、さまざまな「葛藤要素」が大量のルーシュを生成し、そして「可動性作物(動物)」と「固定作物(植物)」の全ての種類が絶えず寿命を終えることによってルーシュが着実に補充されたのです。

産出量の安定した増加により「誰か」は収穫活動の手助けとして「特別収集者」を設けることにしました。
そして、彼は生(き)のルーシュを自分の「庭(地球)」から「どこか(ルーシュを求める場所)」に運ぶための経路を整備しました。
そして地球による安定した大量人工栽培に成功した「誰か」は、もはやルーシュ源として今まで主流だった「野生状態」にほとんど依存しなくなったのです。
地球での成功が、それに終止符を打ったのです。

彼の「庭」が成功し、こうした人工的栽培法にによってルーシュが生産されるようになったので、「他の者たち」も彼を真似て自分で考案した自分の「庭」をこの宇宙ではない他の宇宙で造成し始めました。
「誰か」の「庭(地球)」で生産することができるルーシュの量は、ルーシュを必要とする「どこか」の必要量すべてを賄うことは出来なかったので、物質的世界だけでないこの宇宙すべての絶対的法則である「需要と供給の原則」により、新たな生産者が増えるのは自然の成り行きだったのです。(真空というのは極めて不安定な状態だからです。)

そして、「他の者たち」の代理人として他の「ルーシュ収集者」が実際に「誰か」の「庭(地球)」に入ってきて、「誰か(創造主)」の「正式な収集者」が見過ごしたか無視したかした少量のルーシュまで盗みに来たのです。
|09:47:07|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1839-7d42b16c
trackback