スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
蒸留されたルーシュ
opal2.jpg
彼が再度、注意深く検査し直すと、通常のルーシュ放射物の間に微妙に織り込まれた形で蒸留精製された高度なルーシュの細かい断片が認められたのでした。
これは実際にはありえないことでした。
蒸留精製されたルーシュというのは、「野生状態」のルーシュが何度も加工処理された末にやっと得られるものなのです。
「誰か」の「庭(地球)」のルーシュも同じ加工をされて初めて使用することができるのです。

にもかかわらずこうして蒸留精製されたルーシュがここに存在しました。
それは精製された放散物としてはあまりにも良質なので、通常未加工の物質と一緒に複合物の中に戻すこともできなければ、複合物の中に自然に混じることなど絶対ありえないことだったのです。
再び「誰か」は、自分の実験を追試してみましたが、出た結果はやはり肯定的で、彼が今まで気がつかなっか要素が地球には存在していたのです。

「誰か」は急いで「どこか」を立ち、「庭(地球)」に戻ってきました。
しかし地球の外面上は全く今までと変わらないように見えました。
相変わらず、地球の陸地である気体領域には元気よく繁茂する「第二作物(植物)」の緑が照り返していて、カーペットが果てしなく続いているようでした。
液体領域(海)の「改良第一作物(魚貝)」は「作用反作用の原則」に完全に従って順調に生育していました。
「誰か」は「相違点」、つまり蒸留精製されたルーシュの源が「第一作物」でも「第二作物」でもないことをすぐに感知しました。
|10:01:51|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1841-e2db3254
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。