スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
孤独な人間
b0212965_14545598.jpg
この事実を手がかりにして「誰か」は「庭(地球)」にいる第四作物(哺乳類)の行動を調べました。
すると他の第四作物が自分たちの「子」をかばうという行動の際にも、純粋ルーシュが同様の輝きを放つことがわかりました。
しかし、納得のいかないことが一つありました。
それは現在地球上で生育しているすべての「第四作物(哺乳類)」がこのような行動をしたとして、それらが放出する蒸留ルーシュすべてを合わせても、「誰か」の「貯蔵庫」で得たサンプル総量の半分にも満たないのでした。
これは間違いなく別の要素が関わっているはずです。

彼は系統だった方法で「庭(地球)」の上を周回し、その領域全体を俯瞰し、再度注意を注ぎました。
そして、ほぼ瞬時のうちにその原因を突き止めました。
蒸留された上質のルーシュは「庭(地球)」の特定のある一箇所から放出されていたのです。
彼は素早くその場所へ急ぎました。

その場所にいたのは「彼の一部分」を機能的な形で取り込んだ「実験的第四作物(人間)」の一体でした。
それは大きな「第二作物(樹木)」の上に登り、葉の茂った陰で一人で立ちすくんでいました。
そして、それは「飢えて」いるわけでもなく、ほかの第四作物と「葛藤」関係にあるわけでもありませんでした。
ではなぜ、あのような大量の上質な蒸留ルーシュを放出していたのか。

「誰か」はもとっ近くに寄ってみました。
彼がその「実験的第四作物(人間)」へ知覚を伸ばしたとき、その理由は簡単にわかりました。
そのユニットは淋しかったのです。淋しさが理由で蒸留ルーシュが生成されたのでした。

この話の顛末は、よく知られています。
「誰か」は人間に対する基本事項を、さらに効率を求めて進化させ、適合させました。
ほかの「第四作物」と違い、人間には思考を司る脳を二つに分け、彼が行う意識のコントロールと、遺伝子だけに従わせていたすべての生命と異なり、人間には独自に進化を遂げる左脳を設けたのです。
左脳は常に変化を求めるために、人間は間断のない可動を繰り返し、新たなルーシュを生成し続けるのです。

そして、純粋な蒸留ルーシュは人間が感じる満たされない行為によって特に生成されますが、こうした感情が人間の知覚コントロールを超えた領域(自分の感情を制御できない)でのできごとに限るというルールを設けました。
すなわち、限度を超えた感情の度合いが強力であればあるほど、大量のルーシュが生成されるのです。
|09:54:15|未分類 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1843-1cb07b5f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。