スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
完成
7300849422_8f805ffd7d.jpg
人間に対するこの変更の施行と同時に、「誰か」は「庭(地球)」の生物全体にも、二つの大きな変更を施しました。
この変更内容はすべての生物学者や歴史研究家だけでなく、一般的にもよく知られていることです。
それは、今まで一体だったすべての「作物(生物)」を、雄(オス)と雌(メス)という「二つ」に分断することで、別々になった作物が再び融合しようと求め続けることで、常に淋しさを発生させるという効力を持たせることに成功しました。

もう一つは人間だけに優位性を持たせることです。
これにより、ルーシュ生成効率の最も高い人間の人口を爆発的に増加さることができ、ルーシュ生成量も一気に増加させることができました。
これら二つの施行の成功により、これらはルーシュ生成方法における最も重要な技術革新として「どこか(ルーシュ需要地)」においても、広く知られることになりました。

現在のところ、「誰か」の「庭(地球)」におけるルーシュの生成は、すばらしい効率を示しています。
「収集者」達の、意識エネルギーの操作によって人間の感情をコントロールする技術は、既にベテランの域に達していて、「実験的第四作物(人間)」は「庭(地球」の全体に広がり、計画通りに生態系における優位性を示しています。
例外は液状媒体(海)の深層部分だけになりました。
そして「実験的第四作物(人間)」のユニットが蒸留ルーシュの生産の中心となったのです。

「収集者」たちは永い経験に基づいて、人間からルーシュを収集するための補助的な道具なども考えだし、トータル的で複雑なシステムを編み出しました。
そのうち最も一般的に付けられた名称は、愛、友情、家族、欲望、憎しみ、苦悩、罪悪感、病、誇り、野望、所有欲、犠牲といったものが代表的です。
さらにより大規模なものとしては、国家、偏狭性、戦争、飢餓、宗教、自由、産業、経済などいくつか挙げることができます。

さらに収集者はフォーカスレベルに応じた意識操作を通じて人間の輪廻までコントロールするようになり、ルーシュは「誰か」の計画通りに、今後も生産量は右肩上がりに増え続けていくでしょう。
|09:51:46|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1844-66eea049
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。