スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
人間が存在する本当の理由②
2014-03-24 13.49.01
人間だけでなく植物もフォーカス1から7、動物はフォーカス8から14までのレベルに分かれていて、それは物質的な外見などの人間から見た価値による違いではなく、あくまでもその存在独自が持つ意識エネルギーのレベルのよる違いです。
人間が考える目で見える視覚的な価値は、あくまでも物質的な価値でしかなく、本質的な意味とはほとんど関係ありません。
人間が常に固執する美貌や若さなどの他人の評価は、それは生物の設計図でもある遺伝子に最重要項目として刻まれた種を保存する、すなわち異性を求めるという命令に従っているだけなのです。
そして人間が考える肩書きや収入、有名さなどは、特にその人間の本質的価値とは全く無縁なものです。

「誰か(創造主)」は上質なルーシュを大量に収穫するために物質的な地球を創りましたが、それとは全く違う目的としてフォーカスレベルというのは、創造主をはるかに超えたレベルで存在します。
すなわちフォーカスレベルの違いとは、意識レベルの違いです。
多くの場合それは思考力の高さや認識力の深さからくるもので、物質を含めたすべての存在の本質をどれだけ理解出来るかどうかの違いで、理解できればできるほど存在する意味が高まり、フォーカスレベルが上昇することになります。

人間も生まれた時は誰もがフォーカス15からスタートしますが、前世がある場合、右脳に伝わる潜在意識を通して常に認識力が高まるようにヒントが与え続けられ、自分の気づきと共に上昇するように初めから設計されているようです。
それは正しい認識だと幸福感として表現され、自分自身の本質から湧き出る好奇心として常に働きかけられているのです。
しかし、人間は自分たちが作った常識に囚われ、目に見える結果だけに価値を見出しているために、左脳が思考する結果を求める判断が、常にその好奇心を否定するのです。
|10:21:01|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1848-a23fd5c5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。