スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
人間が存在する本当の理由⑨
2014-04-14 12.16.14
人間や生物が創られた目的は、物質的にはルーシュ(すべての有機生物が発生するエネルギー)の生成のためです。
そして地球が含まれるこの宇宙(このような宇宙は実は無数に存在する)だけでなく、非物質を含めたすべての存在の目的は、個々の意識がフォーカスレベルを上昇させることです。
父親と母親の意識エネルギーを受け継ぎ、新たに生まれてくる人間の意識エネルギーを成長させるためにこの物質的な地球は存在し、地球で人生を体験する中で学習させるシステムなのです。

そして人間が創られたもうひとつの理由が常に左脳を進化させ、新しさを求め続ける左脳の特性から、次々と新たな環境を作り出し、ルーシュ生成を滞りなく永遠に繰り返させるためなのです。
しかし、創造主の予想に反して、人間の左脳の進化や進歩は、人間に物質的な豊かを一時期的には獲得することに成功しましたが、その豊かさ故に人間が存在する本当の意味を全く考えなくなったために、人間自身や自らが存在するために絶対的に不可欠な地球に対しても、危機的な状況を作り出してしまったようです。

この途方もない複雑さを持つシステムは、初めから人間の頭脳では理解できないように設計されていましたが、地球における人間体験学習を繰り返すうちに、左脳的思考に頼らずしっかりと本質を追求する思考能力があれば、人間は自らに対しても、そして他のすべての生命が存在する理由が必要不可欠であるということを感じるように設計されていたはずです。
体験を通し理解を深かめ、創造主を含め全てに対し感謝の念が生まれてくるに従い、人間の意識(魂、あるいは精神)は成長し、それがフォーカスレベルの上昇ということにつながるのはずだったのです。

増加し続けるフォーカス15の人々は、放射するルーシュ(感情)のほとんどは興奮や恐怖、痛みや憎悪、嫉妬、不満、欺瞞、後悔、悲哀などネガティブなレベルの低いエネルギーですが、人間は本来、精神レベルが上昇するに従いポジティブな感謝、喜び、愛情などレベルの高いルーシュを生成することが可能なのです。
すなわち、創造主がこの地球という物質的なシステムを創った最大の理由は、そこで有機生命体が作り出す上質なルーシュを必要としていたからです。
特に人間が人間体験という学習を繰り返すうちに、真理を学び、本質を理解し、自分だけでなくこの地球のすべての存在が創造主と繋がり、そして自分のその一部であることを理解するこが最上級のルーシュを生成するからです。
その理解こそが最も上質な感情であり、その真理を個々の人間が自らから体験による学習により獲得することこそが、最上級のルーシュを発生させるシステムだったのです。

近年になりスマホやゲームが異常なほど普及するに従い、そのシステムは完全に機能しなくなり、システムの維持管理に努めていた収集者だけでなく、創造主も危機を感じるようになってきたのです。
|10:08:41|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1855-ff737030
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。