スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
人間が存在する本当の理由㉖
2014-06-23 13.41.58
ここ数年のスマホの急激な普及は、右脳を通じて行われる自然との共生や人間の成長に対するアドバイス、そして、危機を知らせる人間管理システムに障害を与え、それにより意識エネルギーの成長を目的とした地球における人間体験圧縮学習システムは、かなりの部分で悪影響を受けることになってしまいました。
近年のフォーカス15の人口の急増とスマホやSNSの急激な普及や依存症はこのように無関係ではなく、もはや人類を一度完全に絶滅させ、新たなシステムで人類を再構築させるしか方法がなくなったようです。

ただそれは恐竜を絶滅させた時のように一つのアクションで行われるわけではなく、新たな管理システムの構築と並行して行われるため、最終的には1000年近い歳月をかけてゆっくりと行われるようです。
そして、その未来は物質的にも非常に高度な発展を伴うために、実際に成功する可能性も100%ではありません。
失敗に終わり、ルーシュの生成に支障をきたすのだけは避けたいので、多数の予防線を張っているのも事実です。

実際の問題であるフォーカス15の人口の激増と、それに伴う地球の外側に広がるフォーカス15の人たちが死後向かう、フォーカス22のエリアに閉じ込められる意識エネルギーの激増により、地球における人間体験による意識エネルギーの圧縮された学習システムは、数多くの機能障害をもたらすことになってしまいました。
それによりルーシュ生成にも大きな問題が起きるようになり、質的にも上質なルーシュを順調に生成することが困難になってしまったのです。
問題を解決するためには人間以外の地球環境や自然を残したまま、どのようにして多すぎる人間の数を減らし、人間の意識エネルギーを上昇させ、それをキープできるかに関わっています。

まず、そのためにフォーカス15の人々だけを強制的に減らしていくことを実行し始めたようです。
既に2000年頃から始まっていますが、これから数十年かけて起きることは、地球の歴史的に見ても何十億年に一度という非常に厳しい変化を伴うことで、数多くの上位の意識エネルギーと繋がるフォーカスレベルの高い人たちは、このブログのように危機を発信し始めています。
それにより意識レベルの高い人たちだけの命を救おうとしているのではなく、これが起きる本当の意味を理解し、より多くの人たちをフォーカス15から引き上げることを促しているのです。

人間は意識レベルが上昇すると人間の本質は肉体ではなく意識の方であることを理解し、死とは人生の終わりではなく、人間体験学習システムからの一時期的な卒業を意味し、再び違う人生体験を学習するための準備に入ることなのです。
その意味を理解すれば、死とは絶望的なことではなく、人間の肉体は服装などと同じ、一過性の単なる外見的な装いでしかないことを理解できます。
フォーカス15の多くが囚われている目に見えない死後の世界に対する恐怖。
そして反対に信じ込みすぎている目で見ることしかできない現象や結果、人を惹きつけるパフォーマンスなどに、実際に大きな意味はなく、多くの人が囚われている異性の肉体の外見的な美しさなどは、種の保存のための意味以外、ほとんど無意味なことなのです。

多くの人がまずはじめにしなければならないことは、目に見えていることだけに囚われている自分を自覚し、全ての自然と繋がっている自分にとって無意識であるけど確かに重要な何かを司っている潜在意識の存在を自覚し、左脳が完全に支配しているこの世界から少しでも距離を置き、自分の潜在意識に多少でもアクセスする努力をすることです。
それらを実行し、実感が持てるようになれば、これから世界で起きる衝撃的なことに対して、間違いなく自分にも、自分の家族や信頼できる友人にも、そして自分の子孫にも良い結果が訪れるはずです。
|10:02:14|夢の世界と人間の脳 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1874-64ba6e82
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。