スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
キエーロ
P6233439.jpg
以前読んでいた全国紙と違い、安倍政府の無知と暴走を明確に批判している神奈川新聞。
地方紙故にストレートに言えることなのかもしれませんが、しっかりと日本の未来に軸を置いた視点と発言に、毎朝感心しています。
その神奈川新聞で紹介されていたキエーロ。
土の中の微生物の分解作用による、僅かな初期費用以外全くコストのかからない画期的な生ゴミを処理器です。
ゴミの減量になるかと思い、店の裏に自作して試したところ、その処理能力の高さに驚いています。
あまり大きなものは作れなかったので、紹介されていたものよりも幾分小型のものを作ったのですが、毎日の500g程の生ゴミがほぼ一週間で完全になくなります。
店が出す生ゴミのごく一部ですが、それでも年間に換算すればかなりのゴミの減量になるはずです。
P6233440.jpg
キエーロは土の中に住むバクテリアが生ゴミを分解し、まるで消えてなくなったように土に還してくれる生ごみコンポストで、不思議なことにどれだけゴミを投入しても水と空気になってしまうので土の量が増えることはありません。
太陽光と風により虫や臭いもほとんど発生することはなく、心配ありません。
考案したのは、現在葉山に住む一般のご夫婦。15年以上にわたって生ごみ自宅処理に取り組んだ結果、キエーロに辿り着いたそうです。
これだけ画期的な性能を持ったものなので、企業だったら利益を独占するために簡単に公開しないでしょうが、本当に優れたものは経済とは無関係に世の中に広がっていくものなのでしょう。
これが多くの家庭に普及したら、現在自治体がゴミ処理にかけている費用の大きな削減につながるはずです。
人口減少により財政難に苦しむ自治体には、かけがえのない救いになるはずです。
P6233443.jpg
以前はいろいろなタイプの生ゴミ処理機を購入し使っていましたが、予想以上に電気代がかさんだり、臭いや故障などにより、結局、ここ10年ぐらいは生ゴミを豚の飼料に変えるリサイクル業者に回収を依頼していました。
しかし、去年からその業者が回収できなくなり、仕方なく最近は燃えるゴミとして業者に御願いしていました。
P6293444.jpg
キエーロのもうひとつのメリットが、その土がとても優れた肥料になるということです。
毎年店の脇で栽培して調理に使っているバジルと大葉ですが、この肥料により今年はとても元気で、虫も寄りつきにくいことに驚いています。
ぜひ多くの人にキエーロを使っていただきたいと思っています。
|09:25:15|未分類 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1883-8edd054f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。