お不動池の鴨
IMG_2380.jpg
家のすぐ近くにある能見堂のすぐ下のお不動池。そこに今年も北から野鴨が渡ってきました。
実は今年は初めて定住した5羽ほどの野鴨の家族が夏を通していたのですが、それが先週通りかかるとずいぶんと数が増えているような気がしました。
新しい野鴨がいつの間にか渡って来ていたのです。
そのことに気がついたのは、定住していた鴨が新しい鴨を追い回していたからです。
相手の方が数が多いからなのか必ず2羽で連なって、徹底的に嘴で突き回していました。
普段穏やかで喧嘩することなど見ることはなかったので少し驚きましたが、自分の家族を守るために必死だったのでしょう。
img_2.jpg
秋になってから店のお客様の流れが少し変わりました。
今までにはない変化です。
忙しい日は予約も重なって殺到し、徹底的に忙しいのですが、暇な日はありえないほど全く入りません。
台風や大雪の日には以前はそういうこともありましたが、今年は普段通りの木曜日で、何か近くで大きな事件でもあったのかと思うほど閑散としています。
毎年忘年会が始まるこの時期は一年で一番静かなのですが、今年は例年とは比較にならないほど客足が減っている気がしています。

その要因として考えられるのは、周りに新しい競合店が出来たり、割引をする店が増えたりしていることもあると思いますが、一番大きい原因は消費税の増税による消費低迷と、中国経済の失速が日本経済にも派生してきたためなのだと思います。
日本の7~9月期の設備投資がリーマンショック時並みに下落したように、日本の実体経済へも中国のバブル崩壊が影響を与え始めたのでしょう。
多くの人の目に見える形で、この大きな変化が顕在化する日が、いよいよ目の前に迫ってきたような気がします。
そのきっかけはアメリカの利上げ決定時になるのかもしれません。
|10:03:14|政治、経済 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1942-6fd6bb48
trackback