スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
13日の金曜日
IMG_2375.jpg
不吉の日とされる13日の金曜日に起きた、フランスパリでの同時多発テロ。
9.11の時もそうでしたが、この事件がきっかけで世界の空気は一変し、ピリピリとした緊張感が霧のように世界の隅々を覆ってしまった気がします。
しかし、実際にアフリカやアラブ諸国の間では毎日のように自爆テロがあり、日によってはパリ以上の何百人という被害者が出ることもあるはずなのに、パリの事件によってだけ緊張感が変わったのは、あくまでもそれが安全と思われる先進国で発生し、自分たちにも無関係ではないような空気が流れ、それがSNSやニュースで毎日大量に流れるからなのでしょう。
オランド大統領がこれは戦争であると発言したように、意思の疎通がある対話ではなく武力でしか物事を解決しない、人間として最も思考を失った時代に再び突入したからなのかもしれません。

周到な準備によってなされた計画的犯行と言われていますが、もしかするとその前日にアメリカ軍が暗殺目的で無人機で空爆した、後藤健二さんらの誘拐に関与した覆面の男にしたことに対する報復の意味合いもあったのかもしれません。
それ以上に有志連合やロシアが行う空爆に対するイスラム国の憎悪は、もはや誰もコントロールできないほどの大きなエネルギーになっているのは確かなのでしょう。
痛みを伴わない無人機による空爆ほど相手の怒りを買い、憎悪を爆発的に増大させる攻撃はないからです。

フセインに対して行ったアメリカの残虐行為に対する恨みや、戒律に厳しいアルカイダの低俗な資本主義国に対する憎悪は、経済格差の広がりと共に近年大きく膨らみ続けました。
さらにスマートフォンの全世界への普及がもたらすネット情報の急速な広がりから、中東やアフリカで過酷な環境で暮らす人たちの、先進国との生活の格差に対する怒りや憧れが、近年の膨大な数の難民を生み出し、そしてイスラム国に対する忠誠心に向かわせていることを、我々はあえて見ないようにしているのかもしれません。
どうしてもテロ行為の原因の一部に、自分たちの安易な習性が関与しているとは考えたくないのでしょう。

経済的な成長だけを目標とする現在の統治システムは、豊かさや科学的技術の進歩といった恩恵をもたらす半面、競争からこぼれた人たちとの生活の格差を生み出し、すべての意見をくみ取ることができない民主主義は大きな恩恵の影に見捨てられる多くの人々の憎しみを生み出します。
自由と平等といういかにも優れたシステムように聞こえる大義名分の裏で、ほとんどの人間が倫理やモラルといった言葉を自分に都合よく解釈し、欲望をいかに具現化するかだけが人生の成功だと考えています。
その暴走がエンターテイメントのパワーにより加速され、人間の健全な精神を蝕み、肉体的堕落を豊かさとして解釈し、子供のころからそれが正しいことであると洗脳してきたのです。

それを正しいと思わない一部の人は、オウム真理教やイスラム原理主義に傾倒し、社会を是正するという目的で堕落した人間に対しテロ行為を行うのです。
反対に多くの人の命や自由を守る目的で、戦争の最低限のルールを守らず原爆を落とし、無人機でゲームのように空爆し、無抵抗な一般市民を殺すのです。
自分だけに都合よく解釈する習性のある左脳により、お互いに自分たちの行動こそが正しいと位置づけ、このまま永遠とテロと空爆を繰り返すのでしょう。
憲法9条の恩恵でそのつまらない憎しみの連鎖に加わらいないで済んでいた日本も、集団的自衛権行使可能とういう愚かな解釈変更により、いつの間にか意味のない殺し合いが普通の日常に変わっていくのかもしれません。

それにより経済は深刻な停滞を招くくことなど、アベノミクスという言葉を自ら使う稚拙な首相には全く理解できないのでしょう。
そうでなくても資本主義というシステムは既に限界に達していて、ゼロ金利と大規模な金融緩和という禁じ手によりかろうじて数字を維持しているようですが、中国のバブル崩壊が顕在化するときに、消費こそが美徳という万人に擦り込んでいた洗脳も解ける時が来るのかもしれません。
資本主義が維持できる最後の砦であった一部の権力者が行っている大衆のお金による思考コントロールも限界を迎え、企業や個人だけでなく国家の収益も、この先一気に失われることになります。
追い打ちをかけるように、今まで経験のないサイバー攻撃を含めた複雑でカオスのようなテロ攻撃や、制御できない難民の波として、世界は解決できない大きな問題に直面するはずです。
|09:46:38|政治、経済 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1944-195713cc
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。