スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
蕪のきのこ餡かけ
PC011502.jpg
毎年、寒さが強まるこの季節になると始める蕪のきのこ餡かけ。480円。
今日明日は強い冬型の気圧配置により、この冬最も気温が下がるようです。
気温の低下とともに、蕪や大根などの根菜の甘みもぐっと増し、旨味も増してきます。
蕪は大振りもものを選び、繊維が無くなるまで厚く皮を剥きます。
PC091596.jpg
きのこの中でも特に旨味がある平茸。
PC061573.jpg
平茸を中心に椎茸、舞茸をきざみ、炊飯器で引いた出汁で蕪を炊いていきます。
PC091595.jpg
炊き上がったら蕪を取り出し、きのこと炊いた汁を餡にして上からかけ、刻み柚子を天盛りにします。

今年は例年より早く11月最後の先週末から忘年会シーズンが始まり、昨日一昨日はすでにピークとなるような忙しさでした。
11月が例年よりかなり静かだった反動なのか、先週末の金、土曜日は早くからご予約で埋まり、その後もお断りするお電話がひっきりなしに鳴り続けました。
突然の忙しさで身体はすでに悲鳴を上げていて、12月いっぱい体力が持つのか少し心配です。
|09:59:47|季節のメニュー | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1955-31630f5d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。